ダイヤ買取価格の査定基準を知ろう

ダイヤの買取にはどのような基準があるかご存知でしょうか。ブランドものの買取とは違った基準で査定業者は買取価格を判定することになります。もちろん、ダイヤはアクセサリーの飾りとしてあしらってあるものが多いので、ネックレスやブレスレット、ピアスといったような形状で持ち込まれることでしょう。そのようなダイヤは、ブランドものであれば高価買取されることがあります。

もちろん、ダイヤ単体でも価値があるものが多いです。ある程度の大きさがあればどのようなものでも価格はつくものとかんがえてください。また、ダイヤの価格にプラスして、ブランドものの価値の高いものはその価値もプラスされます。ブランドものには、そのデザインにも価値があることから、ブランドのアクセサリーとして買取されます。ノーブランドであればダイヤの価値で価格が決められることが多いです。ダイヤの鑑定基準としては、カット、クラリティ、カラット、カラーといった基準があります。カットは職人の技術によるものです。カットの仕方にはさまざまなものがあり、ブリリアントカットは高く評価されるものです。クラリティというのはダイヤの輝きによるものです。輝きは高いほど高価買取になるものですが、鑑定人のなかには、輝きと皮脂による曇りを見分けられないかたもいますので、買取に出す前には、ダイヤを中性洗剤でせんじょうして磨いておくことがじゅうようです。

それだけでも輝きが違ってくるので、査定に響くこともあります。カラットというのは重さを表す単位です。0.2カラット以下のダイヤの買取は行っていないというところもありますが、遠保によってはメレダイヤとして100~1000円の価値がつくこともあります。カラーというのは、色のことになります。ダイヤが透明であればあるほど高い価格になります。